【クリニック】|店舗デザインの新しいカタチ - SHELFY -

店舗デザインの新しいカタチ - SHELFY -

ログイン

クリニックの店舗デザイン

クリニックの店舗デザイン

クリニックの店舗デザインとは

クリニックの出店数は全国でおよそ10万件で、そのうちの68%は歯科クリニックです。クリニックは病院と異なり、個人や数人規模の小さな店舗が多くなっているため出店できる場所は多くあります。これらは人が集まる場所に出店することが多く、駅前や商業施設の中に必ず一店舗は見かけるでしょう。一方集客性に優れていなくてもリピートでお客様を獲得する住宅地周辺に出店するクリニックもあります。
店舗のデザインは医療の現場ということもあり清潔感があることが重要になっています。そのため、白を基調にした内装が多くなる傾向があります。クリニックは業態によって工事の方法や揃えなければならない什器が異なるため内装費用も大きく異なります。店舗デザインを行う際にはその点を十分理解したうえで進めましょう。

設計・施工をどのように依頼すべきか?

設計施工会社に依頼してお客様目線のクリニック内装に仕上げよう

クリニックの内装は長年使えるように仕上げることが大切になります。
待合室の改装はすぐに行うことができたとしても、医療器材が置かれている診察室などは什器の移動が困難であったり、床下の特殊な工事が必要になり高額な改装費になってしまいます。開業医として数十年続けていくことを考えた店舗デザインに仕上げましょう。
クリニックの内装費は他の業態に比べて高額になることがほとんどですが集客に成功すれば返金することも難しくありません。初期費用は適正価格で高品質に仕上げてくれる内装会社に依頼しましょう。
クリニックの内装は設計施工会社に依頼することをお勧めします。クリニックの内装で重要視されるのはオシャレなデザイン性ではなく、使いやすいデザイン性です。すなわち
什器の設置場所や患者様・従業員の導線をデザインすることです。
オシャレなデザインは見た目はいいが掃除が隅まで行き届きにくいことがあり、クリニックを清潔ン保つことが難しくなっています。患者様に快適に過ごしてもらうには清潔で待合室での待ち時間をできるだけ減らすことです。導線の設計と什器の配置は業務をより効率的に回し、患者様を待たせる時間を削減できます。そのため、ストレスを軽減させより快適に感じていただけます。
設計施工会社は患者様のことまで考えたデザインができます。設計会社が必ずしも患者様のことを考えていないということではなく、設計施工を行う会社は作り手として使いやすさまで考慮してデザインすることができます。実際に工事を進めていく中で設計した時点では気づかなかった細かい点に気づくこともあります。設計施工会社ではこの時点ですぐに修正し使いやすさを重視したデザインに仕上げることができます。

居ぬき物件で内装費をもっと安価にしよう

設計施工会社に依頼することで抑えられる内装費には限度があります。さらに安く抑えたい場合には居ぬき物件を活用するといいでしょう。居ぬき物件とは元のテナントがクリニックで医療器具や配管がすでに備わっている物件のことを指します。クリニックの内装費の大部分は待合室など患者様が多く時間を過ごす待合室よりもよりも医療器具に多く費用がかかっています。クリニックは親族で受け継ぐことが多いため居ぬき物件に入れることは少ないでしょう。居ぬき物件は見つけることも難しいですが地域や業態が合う場合には大幅に費用を削ることができるため検討してみましょう。
クリニックは初期費用を回収するために少なくても5年から10年はかかるといわれています。そのため初期費用をできるだけ抑えることができれば少ない年月で利益を大幅に上げることができます。
しかし、居ぬき物件で初期投資が抑えられるという理由だけで物件を決めてしまうのは安易です。そのクリニックが築いてきた患者様や評判が新しいクリニックとなっても残っています。ここで注意しなくてはならないのがこれまで通ってきてくれていた患者様に気に入られることです。これが都会の駅の近くなど人の流動性が激しく、毎回訪れる患者様が異なる場合には関係ありませんが、地元の方が利用して口コミで評判がすぐに広まってしまうような場所では一度「よくない」というレッテルを貼られると再起するためにかなりの時間を割くことになります。開業が初めてのお医者様にとって患者様の数をとにかく多くさばきたいと考える方も多いですが、まずは一人一人の患者様に真摯に向き合う姿勢から始めるとよいでしょう。

物件から見えてくるクリニック内装の特徴

ショッピングモール内への出店

ショッピングモールの中にあるクリニックはその地域の方が集まります。基本的にショッピングモール内で急に具合が悪くなった方を看病することはありません。ショッピングモールが立地するのは都市や駅の周辺も多くありますが、郊外の周りに大きな施設がない場所や都市の駅から離れた場所に立地することがあります。患者様は郊外や駅から離れ、ショッピングモールの近くに立地していることが多いです。そのため、様々な方が利用することは少なく何度もリピートする患者様がほとんどになります。
ショッピングモール内はたいていの場所は騒がしくなることが多いです。人の出入りが多いことやイベントが開催されることが多いためです。基本的にクリニックが設置される場所の近くは騒がしくないようになっていますが、患者様にストレスを感じさせないように防音対策をすることをお勧めします。
人が集まるショッピングモール内となるため街中で物件を借りる際よりも物件の値段は高くなります。しっかり集客できる体制を整えた上で出店を進めましょう。

住宅の多い地域への出店

周辺に住宅が多くある場合にはクリニックの利用者は周辺に住んでいる方たちに限定されます。そのため地域の方たちとの関係性をうまく保つことが成功の秘訣といえるでしょう。診療に来られた患者様に対して単に診察をするだけでなく相談に乗れるような温かい雰囲気を出してあげることが重要になります。
クリニックはその周辺に住んでいる患者様の属性を考慮して店舗デザインを行うといいでしょう。たとえば、お年寄りの多い地域であれば足の悪い方も入りやすいようにバリアフリーを設置することが必要です。館内にもできるだけ階段を設けずスロープを多く設置しましょう。また、お子様の多い地域ではお子様が遊んでいられるスペースを確保し、お母さんたちの目に届く範囲に設置しましょう。クリニック内の空間を吹き抜けにして開放感の与えてあげることも必要でしょう。お子様はクリニックとは関係なしにはしゃぐことも多くあります。窮屈感を与えないことが大切です。

駅前への出店

駅前に立地するクリニックは多くの患者様をさばく必要があります。患者様もできるだけ早く移動したい方が多く、回転率は非常に大切になります。
郊外の駅では朝は仕事の前や学校に行く前の社会人や学生が利用します。お昼から午後にかけては主婦やお年寄りが利用し、夕方から夜にかけては再び社会人や学生が利用します。そのため、万人にとって使いやすい内装に仕上げることをお勧めします。高度な技術や医療器具は必要ありません。初期診療で必要な最低限の診察ができる体制を整えておくことが必要です。
また、オフィス街やターミナル駅にあたる場所では社会人の利用者がほとんどになります。ある程度の人数を確保できる待合室を確保しましょう。診察室までの導線設計もしっかり行い、患者様とスタッフが余計な時間を使わずに診療できるデザインに仕上げることが大切です。

ビルの中に出店

ビルの中に立地するクリニックは致命的な欠点があります。それは認知されないことです。他の場所に立地する場合は目立つ場所に店舗があり、ある程度人々が生活する中で目にしています。しかし、ビルの中にあるクリニックは看板を派手に出せないこともあり人の目に触れていないのです。また、クリニックはビルの中で1階ではなく2回以上のフロアにあることが多いです。まずは認知されるように努めることから始めましょう。
このクリニックに訪れる患者様の多くはある程度調べたうえで今日やっているのがこの店舗しかなかった、これまでこの種の医療機関にはかかったことがなかった患者様であることがほとんどです。彼らは病院に訪れる期間がまず少ないです。そのためリピートを狙った集客は狙いにくいといえます。ビルはある程度駅に近いことが多くなるので、その使い勝手の良さや営業時間の融通が強みになるでしょう。
ビルのため、クリニックの中はある程度こじんまりします。天井の高さから圧迫感を感じることもあるでしょう。館内に自然豊かな写真を飾ったり、観葉植物を置いておくことで開放感を感じることができます。患者様に窮屈感を与えないデザインを心がけましょう。

クリニックの店舗デザインで重要なこととは

スタッフにとって働きやすい環境

スタッフにとって働きやすい環境とはスタッフと患者様の導線が分かれていることです。クリニックは診察室や待合室に多くの面積を占めるため廊下はあまり広くないことが多くあります。そのためスタッフと患者様が同じ導線を使っていると時間のロスにつながります。スタッフには別の導線を設けてムダな時間をできるだけ減らしましょう。具体的には診察室と受付をつなぐ導線を患者様が使う導線とは別に用意するといいでしょう。
次にドクターが最小限の距離で作業できることが大切です。診察室はただ広くすればいいというものではありません。あまりにも狭い部屋は患者様に威圧感を与えてしまいますが、ある程度の大きさが確保できていれば使い勝手に変わりはありません。広くなりすぎることでドクターの行動範囲が広くなってしまうことが問題です。医療器具やベッドはできるだけすぐに使える位置にあることをお勧めします。

気持ちよく過ごすことができる待合室

待合室は診察を待つ患者様だけの空間ではありません。特に小さなお子様には母親がつていることが多く、彼らのことも考えた待合室は作るべきでしょう。小児科であればお子様の診療中に休憩できるソファがあるといいでしょう。ここで椅子の高さなど細かい点まで気を使うことで来院された方は気持ちよく過ごすことができます。
クリニックに訪れる際は症状や傷の差があっても皆が不安に思っていることは間違いないでしょう。クリニックは診察だけでなく内装デザインでも人々に力を与え不安を取り除いてあげることが必要です。天井の高さや内装で使われている色の特徴によって人々の気持ちは大きく変化します。

クリニックの店舗デザインの特徴

内科クリニック

内科クリニックはほかの業態のクリニックと比べて必要な医療器具が少なく、設備面でも高額なものが少ないことから比較的初期投資が少なく済むでしょう。内科のほとんどの患者様は成人前後からの大人で薬の投与によって治療を行うためターゲットとなる患者様の層は広いものの内装に特別必要なものがあるわけではありません。対応できる症例の数も多いため特定のデザインが求められることもありません。派手すぎず白を基調とした清潔なデザインが多くなるでしょう。開業医様のコンセプトを表現することが大切になります。
基本的な内科クリニックの店舗デザインは待合室と導線、それに診察室という構成が多くなっています。検査室を設ける必要がないため待合室を広くとることが可能です。
内科には心療内科や精神科といった特殊な症例を見ることもあります。精神科を専門に行うクリニックは清潔さだけではなくまた来たくなるようなデザインが特徴です。精神科に通う患者様は一度だけの診療ではなく長期的に利用します。クリニックに通うことを促進できるような作りになっていることが大切です。清潔感はあっても無機質な部屋にはまた来たいと思えるようなわくわくした雰囲気はありません。派手な色彩を用いたデザインや窓を大きくとり開放的なデザインに仕上げることをお勧めします。

耳鼻咽喉科クリニック

耳鼻咽喉科は医療器具がある程度必要になるため初期投資は平均並みにかかります。耳鼻咽喉科の医療器具は一度設置してしまうと動かすことが困難でやり直しすることは難しくなっています。初期投資には導線も踏まえて妥協の内容にデザインしましょう。
耳鼻咽喉科の導線は患者様が待合室から診察室へ訪れる導線と診察室内でのスタッフの導線になります。耳と鼻、口を診断するためスタッフは医療器具の両脇を自由に移動できると動きやすくなります。医療機器正面の最小限のスペースを保つことだけではスタッフにとって使いにくい内装になってしまいます。
診察室には吸入器も置かれています。吸入器は診察室の入り口付近に設置することをお勧めします。患者様の導線が入口から診察台、吸入器とうまく流動するように設計することで患者様の行動範囲は最小限に抑えることができます。

歯科クリニック

歯科クリニックは診察台と床下の配管工事がマストで必要になるため他の業態と比べると内装費は高額になります。歯科クリニックでは各診察台で水を使用することになるため床下の配管工事を行う必要があります。通常の床の上に配管を通してその上に実際に使う床を設置します。この床下構造の工事は歯科クリニックが得意な内装会社に依頼するといいでしょう。通常では床下に配管を通すことがないため特殊な工事になります。
歯科クリニックは場合によって突然治療になることもあります。待合室から廊下、診察室と不安を感じさせない色彩で仕上げましょう。抜歯や虫歯治療を行う歯科クリニックでは色彩を工夫しましょう。赤やオレンジといった暖色は血流をよくさせて痛みを感じることがあります。使用する際には淡い色を選択するようにしましょう。一方、痛みを感じさせないようにする色もあります。緑や青は心を落ち着かせて鎮静化させる効力があります。使いすぎてしまっては殺風景な内装になってしまうのでこれらの色は効果的に必要量だけ使用しましょう。緑はアースカラーとして観葉植物を取り入れましょう。青は壁にかけている写真や絵などさりげなく加えるといいでしょう。

小児科クリニック

小児科クリニックに訪れるのは子どもだけではありません。それと同じ数だけの親御さんがいらっしゃいます。待合室のスペースは十分に余裕を持たせましょう。小児科クリニックは小さい子も座りやすいように椅子がある程度低く作られています。親御さんにも使い勝手がいいようにデザインしましょう。
小児科クリニック内には元気の出るようなエネルギッシュな色彩を使うといいでしょう。黄色と白で作る店舗デザインも清潔感があり、元気な雰囲気を感じられます。
小児科の患者様の病状の多くは発熱によるものでしょう。特別な医療器具が必要になることはまずないでしょう。

クリニックの店舗デザインで意識するべき点とは

患者様を第一に考えた店舗デザイン

クリニックに来る際の患者様の心情は「不安」なことがほとんどです。少しでも落ち着ける空間に仕上げましょう。不安なことを完全に降り除くことは難しいですが不安を与えないことはできます。待合室は十分に空間を取り開放感を与えましょう。天井や壁が近いと圧迫感を感じてしまい、不安を募らせることになります。天井はできれば吹き抜けにすることをお勧めします。
導線に関しても患者様のことを考えることは必要です。待合室から診察室までの距離をできるだけ近づけることは患者様の余計なストレスを与えることを防ぎます。また、患者様とスタッフの導線が重ならないようにすることも大切です。

アースカラーを使った温かみのあるクリニックデザイン

クリニックらしさを感じさせつつオシャレな内装に仕上げるためにはアースカラーをうまく活用するといいでしょう。アースカラーを大きく分けると茶色、緑色、青色の三色に分けることがあります。これら三色で構成してしまうと地味で暗い印象のデザインになってしまいますが、クリニックの基本である白をうまく組み合わせることでオシャレに仕上げることができます。アースカラーはできるだけワンポイントだけで表現しましょう。これがいい意味でアクセントとなり調和することができます。単に白だけで構成された空間はどこか空虚な印象を与えますがアースカラーを取り入れることで落ち着いた雰囲気になります。
アースカラーの取り入れ方は単に内装の色彩に使うだけでなく、ライトの色でも表現することができます。茶色に近い色としてオレンジは暖色で温かみを感じさせます。この色の照明は白の壁紙や床と相性がよく、間接照明で室内を照らすと効果的です。

バリアフリーをあしらったクリニックデザイン

近年、日本は少子高齢化が進みクリニックに訪れる老人の数は増えています。老人になってくるとこれまで階段でもよかった場所がバリアフリーを使わないと厳しく感じるようになります。地域によっては患者様の大部分がお年寄りということもあります。通いやすいクリニックだと感じさせることで毎回利用してもらえることが大切です。
バリアフリー対策は外にスロープを付けるだけでなくクリニックの館内にも気を使いましょう。少しの段差でも車いすや足の悪い方にとっては負担になってしまいます。また、トイレもバリアフリー対策が必要です。バリアフリーで館内を設計するにはある程度の広さが必要になります。
これらの設備を付けるには初期投資でかなりの内装費をかける必要はありますがその後の集客性を考えた場合、最初の段階から取り入れ得ることをお勧めします。

受付カウンターの高さを調節する

クリニックの受付カウンターは二段構造になっています。スタッフが作業する台の部分はおよそ70~80cmに設定されることが多いです。一方患者様側の台は100cm程度の高さになっています。これはちょうど受付スタッフの顔の高さになるように設計されます。台の中を覗き込まれたくないということで患者様側の台の高さを高くしたり、スタッフ側の台の奥行きを深くしたいという要望を多く受け取ります。しかし、これではスタッフがカウンターから待合室全体を見ることができず作業もやりにくくなってしまいます。クリニックの顔となる受付が患者様側から見えないということも問題になるでしょう。受付カウンターは適度の高さに調節しましょう。

クリニックの店舗デザイン日程と費用

内科クリニック

坪単価
X線室含めて30~60万円
見積もり・デザイン
1か月
依頼先決定
1週間
詳細プラン決定
2週間
着工準備
1週間
工期
2か月

耳鼻咽喉科クリニック

坪単価
30~50万円
見積もり・デザイン
1か月
依頼先決定
1週間
詳細プラン決定
2週間
着工準備
1週間
工期
45日~2か月

歯科クリニック

坪単価
医療機器込みで40~100万円
見積もり・デザイン
1か月
依頼先決定
1週間~
詳細プラン決定
2週間
着工準備
1.5~2週間
工期
2か月

クリニックの内装工事にかかる費用は業態によって大きく異なります。使う医療機器がたくさんある場合や特殊な工事が必要になる場合には内装費は総じて高くなります。5~10年程度の経営によって初期費用を回収できるように初期費用を設定しましょう。
また、開業を考えているならば最低でも6か月前から準備を始めましょう。物件や融資など内装工事の前にもやることは多くあります。クリニックは内装工事の期間も一般より長くなり、常に早めの準備が必要になります。

何十年も使える質の高いクリニックに仕上げるためには

クリニックの経験豊富な内装会社に依頼しよう

クリニックに業態があるように内装会社も得意な業態が分かれています。歯科医が内科医の仕事を行うことができないように歯科を専門に内装工事を行っている会社は内科のないそう工事に精通していません。しかし、多くの内装会社は歯科専門などの見せ方はしません。彼らはクリニック専門を謳い自分たちの得意な業種だけを行うことはないので過去の実績やコンペを開催することでそれらの会社を見分けましょう。特にクリニックは医療機器など特殊なモノを扱うことが多いためより専門的な内装工事になります。初期投資の金額の大きさからもやり直しはきかないため慎重に選びましょう。

患者様のための店舗デザイン

クリニックを経営するのは開業医様やその従業員になります。しかし、その利用者は患者様です。彼らにとって使いやすい店舗でなければクリニックの存続は難しいといえるでしょう。クリニックは駅前などの好立地を除いた場合リピートする患者様に利用してもらうことが主な収入源になります。そのためにも印象をよくすることが最重要になるでしょう。まず意識することは利用者を明確にすることです。お子様や親世代の患者様が多いクリニックではキッズルームを設けたり、足の悪い高齢の患者様が多いクリニックでは段差をなくしてスロープを設置しましょう。誰のためのクリニックなのかが明確であれば患者様は自分のためのクリニックだと認識しファンが増え、経営を安定させることができるでしょう。

まとめとプロから一言

出店する地域によってデザインも変更する

駅前、ショッピングモール、住宅街で利用者は異なり、リピートか新規かも異なるため利用者層に合ったデザインに。

設備費が高額で初期投資額が大きくなる

経営していくうえで回収できる見込みを立て、そのうえで開業を始めましょう。

患者様のための店舗デザインに仕上げる

開業するクリニックを誰が利用するのかを考えてその人が使いやすくまた来たくなる店舗デザインに仕上げましょう。

< 戻る

内装会社をお探しですか?
あなたに最適な1-5社がみつかります

設計施工会社をお探しですか?

あなたに最適な内装会社様がみつかります。
簡単・無料・ノーリスクでご利用いただけます。

最適な内装会社を探す
03-6478-9648 受付時間|平日10:00 - 19:00
お問い合わせはこちらから 内装会社の方はこちら