【保育施設】|店舗デザインの新しいカタチ - SHELFY -

店舗デザインの新しいカタチ - SHELFY -

ログイン

保育施設の店舗デザイン

これさえ見れば保育園の内装のすべてがわかる!オーナーが知るべきことを5分で把握しよう!

子どもの安全とのびのびした環境づくり

子どもたちの安全性が高い保育園とは?

保育園に預けられる子どもたちは活発な年代の子どもたちが多くいます。思うままに動いている中で子どもたちがけがをしないようにするにはどうすればいいのでしょうか。当たり前ですが、転んだとしても怪我をさせない作りにすることが重要です。お子さんが転んだ先に角のある机があったらどうなるでしょうか。もちろん転んだ以上の大けがを負ってしまいます。保育園は子どもを守ってあげなくてはなりません。そのため、机の角にはやわらかいものをつけたり、できるだけ角をまるくして鋭利なつくりにしないことも大事になります。内装で子どもたちの安全を作り出すには限界があり、完全に怪我を防ぐことができるとは言えません。保育を作る段階からどのようなリスクがあり、どのような対策をするべきなのか確認し、安全第一で運営することを心がけましょう。

限られた敷地内でどのように子どもたちをのびのびさせるのか?

近年、保育園の数が足りないことが多くのニュースで取り上げられています。特に都内では人口が過密なため保育所が圧倒的に足りていません。政府は後でも述べますが、企業内保育事業を実施するなど積極的に保育園づくりに介入しています。保育室は敷地は0・1歳児では1人当たり3.3㎡、2歳以上児では室内1.98㎡+園庭が3.3㎡必要になります。つまり、保育園は敷地が限られているとはいえ十分に体を動かすことのできる敷地は確保することができます。保育室はできるだけ天井を高くして空間時代を広く使うことを意識しましょう。面積だけで見れば限られていても空間で広くとることは可能です。子どもたちが敷地内でも遊べるように空間を工夫することが大切です。

依頼するなら設計会社?施工会社?それとも設計施工会社?

保育園を作りたいと思ったときにあなたはまずどこに問い合わせますか?多くの方が設計会社に依頼したり、またはコンサル会社や不動産といった仲介業者の紹介によって内装会社をを決めることが多いのではないでしょうか?内装マッチングサービスであるSHELFYがおすすめするのは設計・施工会社です。設計施工会社とは保育園のデザインから実際の工事まで一括で行う業者を指します。設計会社に依頼した場合、デザイン完成後に新たに施工会社を探さなくてはなりません。この時にデザインの細かい部分で食い違いが起き、工事完成後に元々のデザインと異なったものになる恐れもあります。また、設計施工会社には保育園を専門的に取り組んでいる会社も多いので、分離発注ではなく一括で保育園が作れる設計施工会社に依頼するといいでしょう。

保育園づくりで気を付けたいことは?

子どもたちの安全が保障されている

子どもたちの安全は冒頭で述べたように内装だけでは不十分で、管理者が十分にそのリスクを知っておく必要があります。しかし、けがをなるべくさせないように工夫することはできます。遊具の下にマットを敷くことで怪我への対策を行っている保育園をよく見かけますがそれでは不十分といえるでしょう。子どもたちは活発で時には大人が予想もできない行動をしかねません。また、大人が常に子どもたちを見ていることも難しいためある程度安心できる作りは必要です。マットだけでなく、その周辺の什器に丸みを持たせることなどで対策しましょう。

活発な子どもたちに遊びの空間を提供しよう

保育園では場所によって園内に屋外施設を設けることができず、近くの公園などを使って代替しているところも多いのではないでしょうか。特に都心の保育所などではビルの中に設置されていることもあり、屋外に毎日出られないこともあるでしょう。屋内でも活発に行動させてあげられる作りが必要です。まず、部屋の広さなど実物を考えるのではなくデザインに注目しましょう。できるだけ広く見せるには開放的に日の光を多く部屋に取り入れるといいでしょう。暖色が強いふわふわとした空間はそれだけで空間全体を広く見せることができます。また、部屋全体にもできるだけ暖色を多く使うことによって明るい印象を保ちましょう。子どもたちが活き活きとして屋内でも十分楽しませることができます。

認可保育園・認可外保育園・企業内保育所とは?

認定保育園

認定保育園とは国が認可している保育園を指します。作るうえでの注意点は市区町村に許可を得なくてはならないことでしょう。これは公立、私立に限りません。児童福祉法に基づいて各経営主体は国の基準を満たし、各自治体が認可することで認可保育園となります。

認可外保育園・企業内保育所

これまで認可保育園では各自治体に住む人しか利用することができず、政府が打ち出している女性活躍をより柔軟に企業が対応できるように企業内保育事業が新設されました。認可保育園が各自治体から運営費や整備費の補助をもらっているのに対して認可外保育園は国が助成します。認可外保育園では土日の運営や夜間保育といった働く親御さんに合わせた働きが可能になります。国は大幅に助成することでこの活動を進めています。
企業内保育施設は申請など初めての方には難しいことも多いのでそんな時にはSHELFYへご相談下さい。保育園を専門に内装を行う内装会社が企業内保育園の創設をサポートします。

保育

子どもたちの成長を考えた空間設計

広い敷地を活かしてアクティビティーに富んだ保育園

富士急ハイランドのすぐそばに建てられた企業内保育園。その最大の特徴は山梨県の広大な自然の中にある広々とした園内にあるでしょう。都内では見られない広大な敷地だからこそ自然を知り、その中で多くを子どもたちが学ぶことができるでしょう。http://www.fujikyu.co.jp/data/news_pdf/pdf_file2_491.pdf

狭いからこそ屋内のスペースを最大限使ってのびのびと

都内の保育施設となるとやはり問題になるのが敷地の狭さ。東部練馬こすもす保育園ではこの敷地の狭さを解消するために部屋は四角くに区切るのではなく、曲線上にデザイン。これによって奥行きが広がり、太陽の光もより多く取り入れることができます。暖色を多く使うことも子どもたちを活き活きとさせるでしょう。

東武練馬こすもす保育園

子どもの遊び心をくすぐる斬新なデザイン

ラパン保育園はステンドガラスのように飾られたデザインが目を引きます。太陽の光に照らされることによって不思議な雰囲気を感じることができます。子どもたちはその青と緑の光によって好奇心をくすぐられることでしょう。子どもらしさをあえて表現しない斬新なデザインで保育園の新たな可能性を感じることができます。

ラパン保育園

保育園の費用とその期間はどれくらい?

保育園

坪単価
40~60万
見積もり・プランニング
1~2週間
依頼先決定
1週間
詳細プラン決定
2週間~1か月
着工準備
1週間
工期
3週間~1か月

内装会社への依頼時の注意点

保育園の内装を行うときに多くが不動産やコンサル会社の付き合いのある会社に依頼することもあるでしょう。これらの会社から紹介される内装会社の多くは保育園を専門的に行っていることが少なく、求めているレベルのことができなかったり、不備が出ることも少なくありません。また、紹介された会社は紹介料として不動産やコンサル会社から取られている紹介料を上乗せて請求してくる場合もあり、価格が適正でないことも多くあります。多くの内装会社から1社を選ぶことができる内装マッチングサービスを利用することをお勧めします。

店舗開発を急加速!マッチングサービス利用で内装会社と急接近。

まとめとプロから一言

安全性に考慮したデザイン

保育園にとって子どもの安全が担保されていることは重要です。安全性を高めるためにも角をできるだけ省いた設計や什器を採用するようにしましょう。

子どもが活き活きする空間設計

子どもの好奇心を養うためにも活き活きできる工夫をしましょう。空間を広く見せるなど方法は様々なのでまずは内装会社に相談しましょう。

認可保育園や企業内保育園といった制度で助成を利用する

現在、保育園の設立は国を挙げて支援されています。この機会を利用して設備費・運営費ともに助成を受けて活用しましょう。

< 戻る

内装会社をお探しですか?
あなたに最適な1-5社がみつかります

設計施工会社をお探しですか?

あなたに最適な内装会社様がみつかります。
簡単・無料・ノーリスクでご利用いただけます。

最適な内装会社を探す
03-6478-9648 受付時間|平日10:00 - 19:00
お問い合わせはこちらから 新規出店のご相談の方はこちら