店舗デザイン【京都・食販・パン屋】panscape|店舗デザインの新しいカタチ - SHELFY -

店舗デザイン【京都・食販・パン屋】panscape 2jo

ログイン

panscape

ninkipen!一級建築士事務所

詳細はお問い合わせください

こだわり抜いたシンプル

京都の二条にある古いビルの一階に建てられたパン屋「panscape」のインテリアデザイン。一見アートスタジオにも見える外観は、パンを求めて訪れるお客様が間違えて通り過ぎてしまいそうです。

真っ白に塗装された壁、床はコンクリートという究極にシンプルに内装された店内は、施主様である店主が素材にこだわっているというパンの存在感を何倍にも引き立たせています。あまりのシンプルさに殺風景で冷たそうに見えがちな店内ですが、間接照明が引き出す暖かさを利用し冷たくなりすぎない空間を実現。他にも、店内奥の壁には小さな穴が。漏れた光からは、まるで絵本の世界のネズミが暮らしているお家かな?とクスッとしてしまう、そんなユーモアも織り交ぜた内装設計です。

パンを並べるショーケースは店主が長年大切にされてきたアンティーク品。その雰囲気を壊さないために、あえてブビンガの無垢材を乗せました。切れ込みや色のくすみは無垢材だからこその味が出ており、ショーケースとの一体感が感じられます。

 

 

【飲食デザイン】panscapeの外観。黄色とオレンジ色のグラデーションの旗が掛かっている
古いビルの一階に異世界とも思わせるクラシカルなデザイン
【飲食デザイン】panscapeの内観。白一色の床・壁のなかに木製のパンのショーケースがポツンと置かれている
究極にシンプルな店内。パンの存在感を引き立たせます。
【飲食デザイン】panscapeの内観。何もないコンクリートの床に一輪の花がポツンと置かれている。
まるで芸術作品のようなインテリア
【飲食デザイン】panscapeの入り口。地面には店のロゴが埋め込まれている。
入り口に店名を埋め込む新規性があります
【飲食デザイン】panscapeの内観。壁には5つの額縁が飾られている。
壁には5つの真っ白な絵が飾られている。
【飲食デザイン】panscapeのパン。真っ白な店内によって存在感を大きくしている。
パン一つ一つにかける店主の自身が伝わります。
【飲食デザイン】panscapeの内観。店内奥の壁には、まるでおとぎ話のようにネズミがかじった穴から太陽の光が差し込む。
まるでねずみがかじって穴を開けたのでは?と思わせるユーモアも
【飲食デザイン】panscapeの内観ぱんのショーケースはシックな暗めの木材
ブビンガの無垢材の上にショーケースを。ナチュラルさが感じられます。
【飲食デザイン】panscapeのドア。透明なガラス扉に店のロゴがポツンと装飾されている。
透明なガラス窓には店のロゴが中心に装飾されています。

担当内装会社について

優良な内装会社の条件とは?

クオリティマネジメント、松井将大

追求されたデザイン

大阪に拠点を持つデザイン設計会社。数々のデザイン賞を受賞されており、クライアント様のこだわりをとことん追求する力・それを反映するデザイン力が非常に高い会社様です。商業施設から住宅まで幅広い実績があります。

シェルフィー/クオリティマネジメント部/松井
< 戻る

内装会社をお探しですか?
あなたに最適な1-5社がみつかります

設計施工会社をお探しですか?

あなたに最適な内装会社様がみつかります。
簡単・無料・ノーリスクでご利用いただけます。

最適な内装会社を探す
03-6478-9648 受付時間|平日10:00 - 19:00
お問い合わせはこちらから 内装会社の方はこちら