店舗デザイン・内装工事マッチングサービス

ログイン

設計・施工会社の方はこちら 法人案件を中心とした店舗内装マッチングサービスのご提案です

エステサロンの開業資金はいくら必要?

夢のエステサロン開業。あなたはどんなエステサロンをイメージしていますか?エステサロンは飲食店などと違い、商品ではなくサービスを売るため、そのメインの稼ぎとなる施術技術が身に付いていさえいれば、簡単に、そして低資金で開業することができます。では、実際エステサロンの開業資金はいくらくらい必要なのでしょうか。

imasia_6496352_S

スタイル別エステサロン開業資金

エステサロンを開業する場合、おもに次のようなパターンが考えられます。

  • 自分の店舗(テナント)を構える
  • 自宅で開業する
  • 他業態の施設内で開業する

それぞれの開業パターンに分けて特徴を見ていきたいと思います。

自分の店舗(テナント)を構える

一般的なエステサロン開業方法です。エステサロンの開業資金としては、物件取得費の占める割合は大きいので、この方法が最も資金を必要とする方法です。テナントを構える分規模もある程度大きくなるため、保証金や内装費、テナント賃料、美容機材等の設備投資費、スタッフの給料、諸経費、開業後しばらくの運転費が必要です。立地や居抜き物件の利用などによって大きく違いが出てきますが、スタッフ1、2名で運営できるような小さな店舗でも200万円以上はみておく必要があるでしょう。

リスクも大きいこのエステ開業方法ですが、もちろんメリットもあります。店舗を構えていることで、場所によっては新規のお客様を簡単に獲得できたり、規模が大きければそれだけ売上げも倍増する可能性もあります。ただ、オーナーの経営手腕が大きく問われるのは間違いありません。

自宅で開業する

最近増えているエステがこの開業パターン。元々の自宅の一部を利用するため、物件取得の初期費用や月々の家賃もかからずに済み、資金が少なくても、エステ開業ができます。スタッフを雇わず個人でやるならば、30〜50万円程度から始めることができます。

また、メリットとして、自宅のため移動時間がかからず、お客様のいない時間も家のことをしたりと時間を有効活用できます。デメリットとしては、エステサロンの雰囲気作りが難しいこと、出入り口や家族の理解の問題といったことがあげられます。

他業態の施設内で開業する。

ホテルや温泉施設、ジムなどのスポーツ施設などで場所を提供してもらいエステサロンを開業するパターン。テナントを借りるよりもリスクを抑え、開業資金も抑えて、自分のサロンと同様に運営することができます。また、集客も施設と共同でできるのもメリットです。

デメリットは、逆に客層が施設の利用者で決まってしまうことや、内装に制限があったり、エステサロンの雰囲気作りが難しいことなどが挙げられます。

まずは資金の少ない小さなエステサロンの開業から

それぞれのスタイルにメリット・デメリットがあります。しかし最初は「小さく産んで、大きく育てる」というように、小さなサロンでリスクを抑えてエステ開業し、軌道に乗ってきてから拡大や移転を考えても遅くありません。無理のない事業計画、資金計画をしっかりたてることが成功への近道です。

お金

この記事が
気に入ったらlike!

店舗開発者は知っておくべき! 店舗デザインの基礎知識

店舗デザインのノウハウ満載!店舗デザインの一連の流れを14ページ渡り記載しています。

  • 店舗デザインとは?
  • デザイン設計事務所とは?
  • 店舗が完成するまでの流れ
  • 店舗づくりにかかる費用
  • 店舗デザイン会社を選ぶ際に
  • 依頼前に準備しておくこと
< 戻る

内装会社をお探しですか?
あなたに最適な1-5社がみつかります

お問い合わせはこちらから 内装会社の方はこちら