店舗デザイン・内装工事マッチングサービス

ログイン

設計・施工会社の方はこちら 法人案件を中心とした店舗内装マッチングサービスのご提案です

目を引く!店舗の看板デザイン作成のポイント

お店の存在を知ってもらうための最もシンプルな施策が看板です。すでにお店のことを知っている人にとっても、潜在的な新規のお客にとっても、街中でそのお店の看板が目に入ることで来店する確率、頻度、またお店への興味や関心、期待度などに大きく変わってきます。いかにお客を誘う看板を作るかで短期的にも長期的にもお店の売上に大きく影響するでしょう。今回はお店の客入りを左右する看板のデザイン作成時のポイントについて紹介します。

Blank blue sign

看板デザインで気をつける3つのポイント

目立つ

お客に見てもらうための看板なので、「目立つ」というのはとても重要なことです。これは看板デザインを行なう上で、当たり前のようでなかなか難しいことです。看板の大きさ、形、色などが目立つための要素となりますが、人が看板を見て興味を持つか否かは一瞬の判断で決まります。何かしらの目を引く要素が重要でしょう。以下の様な特徴があるといいかもしれません。

  • 白い背景に単色のシンプルなロゴ
  • 赤などの刺激的な色が全体、もしくはワンポイントで使われている
  • 看板そのものの形状が特殊
  • 意図的に古臭いデザイン

また、看板がいかに目立つかどうかは、看板そのもののデザインはもちろんですが、まわりのお店の看板などの周辺環境にも大きく左右されます。小さすぎたり、周りの景観溶け込みすぎるデザインだったり、地味過ぎたりすると、どんなに良いデザインでも目立たないかもしれません。

分かりやすい

「目立つ」という目標が達成されたら次に重要なのは「分かりやすさ」です。ここがデザインの本質的な部分で、ただキレイなだけでなく、その看板が人に意図した印象を持ってもらえるかが問われます。文字を入れるのであれば短く的確なキャッチコピーがあるとよいでしょう。またロゴを入れる場合は、その店が何の店なのか、どういった雰囲気なのかがそのロゴを見ただけで分かることが重要です。そして文字とイラスト等のバランスも重要でしょう。文字が多いと一瞬だけ目にする看板から情報を読取るのには難しく、イラストだけではこちらも曖昧な情報しか伝わらない可能性があります。

  • 的確なキャッチコピー
  • 何のお店か分かりやすいロゴ
  • 文字とイラストのバランス

お店のコンセプトにあっているか

最後に最も重要なのが、看板がお店のコンセプトに合致しているかということです。落ち着いたバーなのに、ポップな配色の看板、高級店なのに形が奇抜な看板など、看板からそのお店がどういうお店なのかが想定できなければなりません。あまりにもお店の雰囲気からかけ離れた看板デザインだと、お客の満足度も上がらないでしょう。看板デザインを決めていく中で方向性がブレそうな場合には、「お店のコンセプトにあっているか」という質問を再度してみましょう。

看板も売上に貢献する大事な要素

お店の売上が上がるかどうか、今後うまく軌道に乗るかどうか、看板デザインもその一端を担っています。お客が入ってくれるか、どんなイメージを持つか、看板デザインが与える印象はとても大きいです。お店の内装だけでなく、看板デザインにもしっかりこだわってみましょう。

ファサード・看板

この記事が
気に入ったらlike!

実際のトラブルから解説! 店舗づくり成功のための10の手法

年間1,000件以上の経験の中から、店舗づくりを成功に導くノウハウを惜しみなく公開していきます。

  • 入札は最大でも3社までにする
  • 無謀なスケジュールは組まない
  • 中立な第三者から紹介を受ける
  • 見た目と機能性を考える
  • 使用する素材を確認する
  • 現場と密にコミュニケーションを
< 戻る

内装会社をお探しですか?
あなたに最適な1-5社がみつかります

お問い合わせはこちらから 内装会社の方はこちら