店舗デザイン・内装工事マッチングサービス

ログイン

設計・施工会社の方はこちら 法人案件を中心とした店舗内装マッチングサービスのご提案です

店舗内装工事費用|予算計画時の注意点は?工事項目別に徹底解説

店舗内装工事の予算は、開業者や始めて改装する人ではなかなか掴みづらいのではないでしょうか。店舗内装工事費用は、テナントの状態や条件、また開業する業種や業態によっても大きく変わってくるため、確実なことは言えません。しかし、ある程度相場を知っておくことで、予算を組む際に役立てられます。ここでは、直接内装に関わってくる工事から、設計料や経費に関することまで、店舗内装工事の予算の注意点について解説してきます。

店舗デザインにおける見積書

各項目ごと店舗内装工事予算の注意点

  • 解体工事
  • ファサード(外装)工事
  • 内装工事
  • 空調工事
  • 電気工事
  • 給排水設備工事
  • 設計料
  • 経費

解体工事

スケルトン物件ではほとんど必要ありませんが、居抜き物件の場合ではそのまま使用できない場合や一部解体や撤去をする事があります。解体工事の費用は天井や床、壁などどの部分をどの程度解体・撤去するかによってかわります。天井から床まで撤去する場合、坪単価4~5万円、床のみの場合で坪単価1~2万円程度が一般的でしょう。ただ、内部の配線状況や使用している材質などにもよるので、確認が必要です。

余程のことがない限り、極力解体工事の必要がない物件を選ぶように注意しましょう。

ファサード工事

ファサード工事の費用は、基本的にはファサードの面積に比例します。もちろん、使用する材料やサッシュ(主に断熱目的に使用されるもの)の大きさ・種類に左右はされますが基本は面積が大きくなればなるほど費用も高くなります。そのため、特に端の角店などのファサード面積が大きい店舗では注意が必要です。ちなみに、サッシュの工事費用は一般的に4~5万/平米がかかります。また、エントランスを自動ドアに変える場合には、エンジンや機械などが必要になるため、プラスで30万円ほどはかかります。

ファサード工事はそれなりに費用がかかってしまうため、外装の工事はせずに、内装工事のみ行うといった店舗をよく見かけますが、お客様の目には店舗のファサード(外装)がまず入ってきます。つまり、その店舗のことを既知でないお客様はその店舗に対するイメージを外装から判断します。お客様にしっかり訴求し、客数アップにつなげるためにも、ファサード工事には余裕を持って予算を組むことをおすすめします。

内装工事

床や壁、天井などの建物の状態や、仕上げに使用する材料や店舗のデザインの複雑さなどの様々な要素により、内装工事費用の予算は大きく違ってきます。

天井や壁を下地から造っていく場合には坪当たり1万円前後、床にモルタル等の下地が必要なケースでは坪当たり2万円強程度の予算をみておくべきでしょう。仕上げに関しては、壁や天井のクロス貼で坪単価0.6万円程度、床がビニールタイル貼の場合で、坪単価1~2万円程度の予算を見ていれば十分です。つまり、表面の簡単な仕上げをする程度ならあまり費用がかからずに新装が可能です。

電気工事

電気工事の費用は業態によっても大きく変わります。ここで最も注意が必要なのが、大量の電気容量が必要な飲食店や美容室で、物件選定の際に前もって電気容量を確認しておきましょう。万が一容量が足らず、建物の電気設備を変えるような場合には、それだけで200万円以上の内装工事費になってしまいます。

照明工事では、従来型の照明器具で一灯あたり1万円弱、高能率・高照度の蛍光灯やマルチハロゲン系の器具では3~5万円まで様々です。そして、器具の取り付けにかかる工事費用は一つあたり0.6~1万円程度が一般的な相場です。

空調工事

坪当たり5~6万円と考えればよいでしょう。というのも、店舗内装工事において、空調は10坪の店舗に対して2馬力必要で、これがだいたい50~60万円程度だからです。

また、さらに換気工事やダクト工事などの初工事が発生した場合、その分工事費が増えますし、商業施設内のテナントなんかに入る場合だとB工事で同程度の金額を請求されるケースも少なくありません。

給排水工事

ここで重用なのが洗面所・お手洗いです。排水はどこでも配置できるわけではなく、もし配置を変更するとなった場合には多くの工事が必要になり大変高額な費用が発生してしまう可能性もあります。できれば工事をせずに済むように、物件取得時に確認、または工事する場合の発生費用も考慮して決定しましょう。

設計費

設計フィーの算出方法や割合はデザイン会社によって違いますが、総工事費の10%というのが相場です。内装会社によっては、見積に設計料という項目を設定せずに、他の項目に少しずつ金額をのせて請求してくるところもあるので注意が必要です。

経費

店舗内装工事会社の営業経費として、総工費の5~10%ほどが見積もりに入ってくるのが一般的です。

物件選びがとても重要

店舗内装工事の注意点を各工事項目ごとにみてきましたが、やはり、自分の描く店舗のコンセプトやデザインを実現するためには物件選びがとても重用です。物件の条件・状態によっては内装工事費が大きくかかってしまい希望が実現できないケースも多くあります。いろんな情報をあつめて、慎重に検討してみてください。予算を組む際は、店舗内装工事を見越した物件選びをするようにしましょう。

お金

この記事が
気に入ったらlike!

店舗開発者は知っておくべき! 店舗デザインの基礎知識

店舗デザインのノウハウ満載!店舗デザインの一連の流れを14ページ渡り記載しています。

  • 店舗デザインとは?
  • デザイン設計事務所とは?
  • 店舗が完成するまでの流れ
  • 店舗づくりにかかる費用
  • 店舗デザイン会社を選ぶ際に
  • 依頼前に準備しておくこと
< 戻る

内装会社をお探しですか?
あなたに最適な1-5社がみつかります

お問い合わせはこちらから 内装会社の方はこちら