店舗デザイン・内装工事マッチングサービス

ログイン

設計・施工会社の方はこちら 法人案件を中心とした店舗内装マッチングサービスのご提案です

パン屋開業に向けて必要な厨房機器リスト

パン屋をオープンし毎日おいしいパンを作るためにはどんな厨房機器が必要になるでしょうか。個人経営のパン屋の場合、生地から成形、そして焼きまでを全て同じ場所で行なうことが多いため、予想以上に多くの厨房機器が必要となります。ここでは場合に応じて必要となるパン屋の厨房機器をみていきましょう。

bakery

パン屋の基本的な厨房機器

ミキサー

まずはパンの元となる生地を作るために、小麦粉と水、イーストを混ぜる機械がミキサーです。

縦型ミキサー 90コート・30コート兼用型

ホイロ(焙炉)

ホイロとはパンの生地を発酵させる機械のことです。また、発酵の工程そのものこともホイロと呼ぶことがあります。

モルダー

モルダーとはパンの製造工程上重要な「ガス抜き」と「成形」を行なうための機械です。モルダーを使うことでただの生地から形がつくられ、パンらしくなっていきます。

パイローラー(生地を伸ばす機械)と一緒になっていることがあります。

オーブン

その名の通り、パンを焼くための機械です。一度にどれだけのパンを焼くかによってその大きさは異なり、2段式、3段式などパン屋の規模に応じてオーブンの大きさも異なります。

また、フランスパン専用のオーブンや兼用のものなどもあります。

フライヤー

カレーパンなども揚げ物を作るのであればフライヤーが必要となります。油のろ過装置が付いているものが良いでしょう。

急速凍結庫・冷凍庫・冷蔵庫

用途に応じて必要な冷蔵・冷凍機器も揃えておきましょう。

場合に応じて厨房機器

バケットモルダー

食パンやフランスパンの成形をする際に必要な機械です。

クレセントモルダー

クレセントモルダーはバターロールの生地を巻き成形する機械です。

リバースシーター(パイローラー)

ペイストリーやデニッシュ、クロワッサンなど生地作りを行なうための機械です。麺棒かけの工程をこの機会がやってくれます。

包餡器

その名の通り、アンパンなど餡(あん)を包んで成形するための機械です。

おわりに

どのようなパンを作りたいか、どのくらいの規模のパン屋かによって必要な厨房機器はことなります。厨房の面積が狭ければ小さめの機械を購入するのもいいでしょう。こういった厨房機器は値段も高いため、機械選びに失敗しないようによく検討してから購入するようにしましょう。

設備・備品

この記事が
気に入ったらlike!

実際のトラブルから解説! 店舗づくり成功のための10の手法

年間1,000件以上の経験の中から、店舗づくりを成功に導くノウハウを惜しみなく公開していきます。

  • 入札は最大でも3社までにする
  • 無謀なスケジュールは組まない
  • 中立な第三者から紹介を受ける
  • 見た目と機能性を考える
  • 使用する素材を確認する
  • 現場と密にコミュニケーションを
< 戻る

内装会社をお探しですか?
あなたに最適な1-5社がみつかります

お問い合わせはこちらから 内装会社の方はこちら